樋口治療院の療術師紹介

 

 昭和22年よりこの地で先代の樋口忠幸により開院し、今年で70年を迎える。のべ45万人以上に治療を行い、自然治癒力を高めることで早期に治癒する温熱刺激は、副作用のない治療である。

 現在の5人の温熱刺激療法療術師を紹介する。

 

 


 

 

院長  樋口 敏朗

 昭和55年より先代の忠幸の後継として樋口治療院院長となる。

最後の駆け込み寺として知られており、お年寄りの方からお子様、スポーツ選手(相撲取、野球選手他)など、多数の患者さんを治療し、患部の治癒を早める療術には定評がある。子供の患者さんからは熱い温球を瞬時に患部に当てることから「アッチ先生」と親しまれている。

財団法人 全国療術研究財団

社団法人 福岡県療術師会理事

温熱刺激健康療法福和会会長

 

 


 

 

樋口 美枝子

昭和55より当治療院にて温熱治療を行なっている。繊細なタッチは女性ならではの気配りで、患部への的確な治療には定評がある。

温熱刺激健康療法福和会理事

 

 


 

 

橋本 恵美子

温熱治療には厳しく的確な温熱に定評ある。

財団法人 全国療術研究財団

社団法人 福岡県療術師会々員

温熱刺激健康療法福和会々員

 

 

 


 

 

小島 千加枝

10代の頃からの温熱ファンで、音楽とスポーツ、健康をこよなく愛す。

財団法人 全国療術研究財団

社団法人 福岡県療術師会々員

温熱刺激健康療法福和会々員

 

 

 


 

 

古川 麻美

負担の少ない温熱治療を行なうドイツ帰りの乙女です。

財団法人 全国療術研究財団

社団法人 福岡県療術師会々員

温熱刺激健康療法福和会々員

 

 

 

樋口治療院 〒810-0011 福岡市中央区高砂1−7−7

Copyright © 2007 Higuchi Onnetsu Clinic. All RIghts Reserverd.